来院される皆さんへ
診療科のご案内
人間ドック・健康診断
医療活動ご紹介
総合支援センター
相談支援室
医学生実習
初期研修医募集
後期研修医募集
看護部のご案内
技術部門のご案内
診療科のご案内
皮膚科
外来診療表はこちら
特徴
当院皮膚科は現在非常勤医師体制ですが、一人の医師が、月・火・水・金および第2・第4土曜、午前の診療にあたっております。原則、外来診療のみとなります。不定期な休診がありますので予約の際にご確認ください。原則、完全予約制ですが、緊急性を有する皮膚疾患は対応しておりますので、電話でご相談ください。
外来診療
アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎(かぶれ)といった湿疹・皮膚炎、白癬(みずむし、たむし)や尋常性疣贅(いぼ)、帯状疱疹をはじめとした細菌・真菌・ウイルス感染症、尋常性乾癬などの炎症性角化症、天疱瘡などの自己免疫性水疱症、薬疹など、皮膚科疾患全般の診療を行っております。また長年にわたり、リウマチを除く膠原病の診療にもあたっています。陥入爪に対して、プラスチック装具の装着による新しい治療を導入しました。
手術
皮膚良性腫瘍を中心に行っておりますのでご相談ください。熱傷植皮術や悪性腫瘍の皮弁形成術、褥瘡の切開・デブリドマンなども対応可能です。手術日は毎週月曜日の午後です。
主な疾患の治療について
■アトピー性皮膚炎の治療
アトピー性皮膚炎は痒みを伴う慢性の湿疹のひとつです。当院では日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」に沿った治療を行っております。従来のステロイド軟膏以外に免疫抑制剤の外用剤も併用しております。
■爪白癬の治療
爪白癬はいわゆる「爪のみずむし」で、爪が汚く濁ったり、ボロボロと脆く、厚くなります。以前よりも効果の高い外用薬がありますので、外用を主に治療を行っております。治りにくい場合には抗真菌剤の内服治療を行います。ただし、内服期間中に血液検査による肝機能の検査が必要です。
■褥瘡の治療
褥瘡についてはどのような状態でも対応しています。重症例については切開デブリドマン(壊死してしまった皮膚の切除)なども行っていますが、重症の褥瘡を作らないことが重要です。学習会の機会も提供していますので、ご参加ください。
■陥入爪の治療

これまで、陥入爪(巻き爪)の手術として、フェノール(化学物質)を用いた根治術、ワイヤー治療などが行われていましたが、2018年11月より、プラスチック装具を装着する新しい爪矯正治療を始めました。これは麻酔や切開などを必要とせず、効果の高い治療法です。装具をつけて1か月に1回交換し、半年間が目安です。時間は少しかかりますが、爪が短くても可能、痛みが早期にとれる、装着による違和感はほとんどない、など、従来の治療よりも高い効果が期待できます。自費診療になります。陥入爪(巻き爪)の痛みに困っている方は、まずは診察の予約をお願いします。