来院される皆さんへ
診療科のご案内
人間ドック・健康診断
医療活動ご紹介
総合支援センター
相談支援室
医学生実習
初期研修医募集
後期研修医募集
看護部のご案内
技術部門のご案内
健康情報

 

この記事は2015年3月時点のものです。

 

「組合員通院支援」や「福祉有償運送」、「土曜日シャトルバス」に関する最新の情報については、リンク先の記事をご確認ください。(「『組合員通院支援』・『土曜日シャトルバス運行』・『福祉有償運送』のご紹介」 ページへ移動します)

 

利根保健生協の「組合員通院支援」と「福祉有償運送」

2015年3月1日

生協本部

事業部 課長

小崎 領

 

 利根保健生協の「組合員通院支援」は2011年10月より開始しました。

 当初の利用申込み数は95人。初日の通院支援運行開始当初の利用者は2人でした。また、2012年4月から、特に要望の多かった旧水上町から利根中央病院までのバスストップ式集団送迎の「水上コース」一便が往復しています。


最近の動向

 

  今年1月末現在、登録者は1332人となり、個別送迎、水上コースあわせて一日平均45.5人が通院支援を利用しています。また、昨年10月の新規登録者は46人でした。例年、冬前は新規申込みがピークとなりますが、病院の新築移転を2015年9月に控えていたこともあり、通院手段に対する不安も重なって、例年以上に申込が増えたようです。


福祉有償運送とは


 一方で、福祉有償運送が昨年7月からスタートしています。文字にすると難しそうですが、要は有料の車椅子送迎です。

「組合員通院支援」は「自立歩行が可能な方」を対象に実施しており、運転士による介助や付添ができませんでした。そのため、車椅子使用となり、かつ自力で乗車できないとなると利用できなくなってしまいます。そういった患者さんの通院を支援するため、道路交通法に位置付けられている自家用有償運送制度の福祉有償運送を申請し、サービスを開始しました。

 片道1回、運賃は1キロ120円です。2015年1月末現在、利用登録者は23名。1月の利用は14回、利用額の合計は6,600円でした。家から病院まで1〜2kmほどの方の利用が多いですが、一番遠い方は6キロほど離れた地区にお住まいの方も利用しています。

 福祉有償運送は、移動が困難な方を支援するため、医療生協などの非営利法人に認められた有償運送事業です。病院・診療所への通院を主体としますが、その他の用途についてもご相談に応じます。発着のどちらかが「沼田市」であることが条件となります。


対象となる方


 左記に該当し、一人では移動や公共交通機関の利用が困難な方およびその付添い人が対象です。

  • 要介護認定を受けている方(要介護1〜5の方)

  • 身体障害者(障害者手帳をお持ちの方)

   *利根保健生協の「組合員本人」であることが前提です。

   *「事前の利用登録」が必要です。

 

新病院への通院


  9月に中央病院が沼須町に新築移転となり、「病院があっちに行っても、迎えに来てくれるんかい?」とのお問い合わせがたくさんあります。今より遠くなる人には「もちろん行きますよ。今より10分くらい早いお迎えになるかな」近くなる人には「もちろん行きますよ。かえって近くなるね」とお伝えしています。

 また、新しく東原新町と沼須町を繋ぐ「シャトル便」も計画中で、詳しい内容が決まり次第、ご案内をしていく予定です。

 

これからも


 担当者として、どこまで利用者が増えていくのか「怖い」と思うことも正直あるのですが、利用者さんから「ありがたいよ」と声をかけてくださることも多く、たいへん励みになっています。通院支援をこれからも守り、発展させていきたいと思っておりますので、「組合員通院支援」へのみなさまのご支援をよろしくお願いいたします。

 

利用料金


 (1) 通院支援

 無料です。出資金を元手に運営していますので、強化月間等の際に、増資のご協力をお願いしています。
  (2) 福祉有償運送

 1q毎120円です。

 

利用方法


 利用希望日の10日前までにご相談ください。利用登録(利用申込書提出)のご案内をさせていただきます。

 *利用の予約は先着順です。

お申込み・連絡先


 事業部通院支援係

 福祉有償運送係

 0278-22-5050

 *受付時間8:40〜16:30

 (土曜日は12:00まで)

 


福祉有償運送車に乗りこむ様子