来院される皆さんへ
診療科のご案内
人間ドック・健康診断
医療活動ご紹介
総合支援センター
相談支援室
医学生実習
初期研修医募集
後期研修医募集
看護部のご案内
技術部門のご案内
健康情報
家庭でできる救急対応 −1次救命処置について-

利根中央病院
外科医長
 関原正夫

  突然、目の前で人が倒れたらどうしますか?救命処置を行って人命救助をしたという話を新聞やテレビ等で目にする機会が増えてきました。これは自動体外式除細動器(以下、AED)という機械を一般市民である皆さんも使える様になったことが大きく影響しています。今回は、誰もができる一次救命処置についてごく簡単にご紹介します。
1次救命処置の必要性

 意識を失い、呼吸や心臓が止まった状態を心肺停止といいます。心臓が止まった場合、何もしないで放置すると約3分で50%の人が死亡してしまいます。また呼吸だけ止まった人に対しても、何もしないと約10分で半数の人が死亡すると言われています。

この利根沼田において、119番通報をして救急隊が皆さんの所に到着するのに要する時間は、昨年の平均では8.7分でした。このことから、救急隊が到着する前に一次救命処置を行うことで、救命率が上昇することが期待されるのです。中には一次救命処置を行うことで、呼吸や心臓の動きが再開し意識までもが戻ることもありえます。この一次救命処置には、A)空気の通り道を作る〜気道確保 B)肺に空気を送り込む〜人工呼吸 C)特に、脳に血液を送る〜胸骨圧迫(心臓マッサージ) D)電気ショックをかける〜除細動 の4つの大きな要素によって成り立っています。


1次救命処置の実際
倒れた人を発見した場合、(図T)@まず軽く肩などを叩いて意識の確認をします。A応答がなければ大きな声で助けを呼び、人を呼びましょう。一人だけでは、命を助けることは出来ません。助けに来た人に、119番への電話とAEDを持ってきてもらうように頼みましょう。B片手で額を押さえ,もう一方の手の指先であご先を持ち上げる方法で、空気の通り道を作ります。これが気道確保です。C次に呼吸確認です。そのままの姿勢で、耳を近づけて、息をしているかどうかの確認をします。D息が感じられなければ、口対口の人工呼吸を2回行います。E両方の乳首の真中で手を重ね、その付け根で30回圧迫します。これが胸骨圧迫(心臓マッサージ)です。さらに人工呼吸2回を行い、これを繰り返します。
AED

 AEDとは、倒れた人の心電図の波形を自動的に分析して、電気ショック(除細動といいます)が必要な波形であるかを判断してくれる機械です。その波形は心室細動と言い心臓が細かくケイレンした状態で、これを治すには電気ショック以外ありません。

電気ショックをかける時間が1分間遅れるごとに、息をふきかえす率が10%ずつ下がるといわれています。ですから、1分でも1秒でも早く電気ショックをかけることが大事であり、そのためAEDをなるべく早く準備する必要があるのです。AEDは心室細動であると判断すると、電気ショックのために充電を行い、電気ショックのボタンを押すようにアナウンスが流れます。実際に電気ショックをかけるのはボタンを押す皆さんです。

AEDの使い方

 AEDが手元に届いたら(図U)@最初に電源を入れましょう。機械には種類がありますが、日本語のアナウンスが流れますので、その指示に従えば電気ショックをかけることが可能です。A上半身にパッド(体に電気が流れる電極)を貼り、機械が心電図を分析し始めると「解析中」のアナウンスが流れます。B今まで行っていた救命処置を中断して離れてください。電気ショックが必要であれば、充電の後、電気ショックをかけるボタンが点滅します。C他の人が感電しないように安全を確実に確認してから、電気ショックのボタンを押しましょう。その後は、直ちに30回の胸骨圧迫と2回の人工呼吸を再開してください。そのまま一次救命処置を続けていると、2分後に再度「解析中」のアナウンスが流れます。

講習を受けるには

 この紙面だけで理解していただくのは不十分です。そこで、皆さんの近くの消防署では「普通救命講習」という3時間の講習会を開催しています。5名以上の参加人数があれば、会場は消防署になることが多いようですが、講習を受けることができます。費用は無料です。詳しい内容については、お近くの消防署にお問い合わせください。講習会の受講をお勧めします。