来院される皆さんへ
診療科のご案内
人間ドック・健康診断
医療活動ご紹介
総合支援センター
相談支援室
医学生実習
初期研修医募集
後期研修医募集
看護部のご案内
技術部門のご案内
情報コーナー
平成23年度 群馬県がん診療連携推進病院機能強化事業
市民公開講座
 市民公開講座を開催しました 開催報告

H23年10月29日(土)グリーンベル21 7階グリーンプラザで市民公開講座が参加者76名で行われました。すばらしい秋晴れの気持ちの良い日でしたが、もみじ狩りにも出掛けずに、講演会に参加して頂いた方々、ありがとうございました。 講演の内容を紹介します。

 講演要旨

 現在、国がガイドラインを示している「がん検診」は、肺がん、胃がん、子宮頸がん、大腸がん、乳がんの五つのがんである。これらの「がん検診」を受ければ100%がんが見つかると誤解している方が多い。しかし、「がん検診」では、医師等のミスが無くても一定の割合で見逃しが発生する。群馬県健康づくり財団のデータでは、胸部X線写真のみの肺がん検診では、約50%、バリウム服用する胃がんX線検診では、約30%ものがんが見逃されていると考えられる。子宮頸がん検診、大腸がん検診、乳がん検診でも、国内で最も成績の良い医療(検診)機関であっても、2割程度のがんを見逃していると考えられる。上記の「がん検診」とは原理が異なるPET/CT「がん検診」であっても、最も感度が高いとされる乳がんや肺がんでも、がんの進行の程度によるが、大略1割以上の見逃しが起こるだけでなく、食道がん、胃がん、肝がん、腎がん等は、ほとんどが見つけられない。なぜか?PET/CTを含めた「がん検診」における見逃しは、そのほとんどが医師のミスではなく画像診断や検診原理の限界によるのである。

 上記の5つの「がん検診」のうち、胃がんX線検診は、見逃し率が高いだけでなく、受診者の負担が大きく(検診に時間がかかる。検診後にバリウム排泄促進のために下剤を服用しなければならない。)、しかも、バリウムの誤嚥や下剤による副作用のトラブルの頻度が高い。更に、被曝に見合う医学的なメリットが得られているかも疑問となっている。特殊な例を除いて、胃がんの原因がピロリ菌感染によることが確立された医学的知見となった今、胃がんX線検診は、もはや時代遅れの検診となっている。胃がんの原因であるピロリ菌検査を用いた採血や便による新しい胃がん検診が紹介された。

多くの国民は、「がん検診」には、限界があることを知らされていない。また、医療側も、積極的に「がん検診」の限界(つまり、医師のミスが無くても、一定の割合で見逃しが起こること)を一般の方に説明してこなかった。こうしたことが、医療不信へと発展していると考えている。いかにしてがんの見逃しを少なくするか、がん死亡を防ぐ対応策はなにか。賢く「がん検診」内容と医療(検診)機関を選んで「がん検診」を受けることが基本である。また、「がん検診」結果が「異常なし」は、「がんが見つからなかっただけ」という受け止め方が大切で、症状があれば「かかりつけ医」等の医療機関を受診することで、がん死亡を避けられる可能性がある。信頼できる医療機関での定期的な「がん検診」と信頼できる「かかりつけ医」を持つことが重要である。
 
 市民公開講座を開催します 10月29日(土) 

 利根中央病院がん診療委員会では、群馬県がん診療連携推進病院機能強化事業の一環として市民公開講座を10月29日(土)午後2時より グリーンベル21 7階 グリーンプラザにて開催いたします。どなたでも参加いただける講座で、参加費無料、事前の申し込みも不要です。お気軽にお越しください。

 
  がんは当院でも死亡原因の1位を続けていますが、「がん検診」の受診率は20%台と低迷し検診の効果を享受できないのが現状です。当院ではがん検診受診率を向上させるために、胃がん・大腸がんの検診に郵送検診法を取り入れて(「がんの話」をご覧下さい)皆さんに勧めているところです。
 今回、群馬県健康づくり財団の専務理事・医療局長の真鍋先生を迎えての公開講座を開催します。一人でも多く方の「がん検診」に対する意識に繋がれば幸いです。

 テーマは  賢く選んで受けよう「がん検診」

 みなさんは、「がん検診」には限界があることを知っていますか。医療側も、医師のミスが無くても一定の割合で見逃しが起こることを積極的に説明してきませんでした。こうした ことも医療不信につながっていると考えられます。今回は、いかにして「がん」の見逃しを少なくし、「がん」死亡を減らすにはどうしたらよいかをご一緒に考えたいと思 います。賢く「がん検診」の内容と医療(検診)機関を選んで「がん検診」を受けることが大切です。また、「がん検診」の結果が「異常なし」とは、「大きながんが見つからなかっただけ」 という受け止め方が大切です。症状があれば医療機関(かかりつけ医)を受診することで、がん死亡を避けられる可能性があります。

日時・お問い合わせ等
対象者
 どなたでもご参加いただけます。
日時
 平成23年10月29日(土) 午後2:00 開演
会場
 グリーンベル21 7階 グリーンプラザ
参加費/ 申し込み
 参加費無料 / 事前申し込み不要
主催/後援
 群馬県がん診療連携推進病院・利根中央病院(主催) 
 沼田市(後援)

お問い合わせ

 利根中央病院 がん診療委員会事務局 小林 
  TEL 0278-22-4321 (内線327)