来院される皆さんへ
診療科のご案内
人間ドック・健康診断
医療活動ご紹介
総合支援センター
相談支援室
医学生実習
初期研修医募集
後期研修医募集
看護部のご案内
技術部門のご案内
後期研修医募集
利根中央病院 内科後期研修プログラム
<はじめに>
  当地域は人口約5万人の沼田市とスキー場や温泉地を保有する農村部が混在している景勝地である。また、県中央都市部から遠方にあるために、地域で医療を完結することが求められている。
 当院は、
 @ 救急をはじめとした症例が豊富に集まる地域の中核的な病院
 A 中規模で各科間の敷居が低く、ローテートを通じて総合性、協調性を学びやすい
 B 老健、在宅センター、診療所を持ち、医療から介護まで幅広く研修ができる
 C 地域に根差し、患者さんの声が身近な医療生協の病院
 D 比較的多くの学会の専門医養成の認定施設になっている
という特徴を有している。
 また、当保健生協には専属の保育園による院内保育など女性医師にも働きやすい環境もある。
 専門医、認定医などの資格の獲得を意識したプログラムを中心とするが、医師個人としてのライフスタイルも尊重できる環境と体制を提供したい。
 そして、研修の中で、患者の生命と尊厳を尊重し、患者の権利章典を実践できる医師、患者さんの立場にたちチーム医療に前向きな良き臨床医、を地域の医療生協の組合員の中で養成していきたいと考えている。
<プログラムの特徴>
T
中小の病院や診療所で内科系全般のプライマリ・ケアを、責任を持ってカバーできる総合内科医を養成する。
U
内科の各専門領域を主体に、内科系の各診療科のローテートにより、総合内科医としての素養を身につけられる。
V
認定内科医取得コースは、日本内科学会認定内科医受験資格が取得できる。
W
総合内科専門医取得コースは、日本内科学会総合内科専門医の受験資格を取得できる。

(1)認定内科医取得コース
【研修目標】
 1 日本内科学会認定内科医資格の取得をめざす。
 2 臨床推論を身につける。
 3 内科の様々な疾患のマネージメントができるようになる。
 4 基本手技を確実に身につける(中心静脈カテーテル挿入、胸腔穿刺、腹腔穿刺、腰椎穿刺、骨髄穿刺など)
 5 EBMの実践。
 6 チーム医療のリーダーとしての姿勢を身につける。
 7 初期研修医の指導にあたる。
 8 興味ある症例の学会ないし研究会での発表。
【研修期間】
  2年
【方略】
 1.病棟業務
内科の各専門分野(呼吸器、腎臓、内分泌、総合内科)をローテーションして、入院患者を担当する。主治医は指導医で、後期研修医は担当医であるが、後期研修医が主体的にマネージメントを行う。初期研修医とともに担当医になる場合もある。受け持ちの患者数は10例程度(希望に応じる)。ローテーションの期間については、希望に応じるが、幅広く症例を経験できるように配慮する。
 2.内科一般外来業務
内科一般外来研修は週2単位(希望により単位数は調整可能)
予約外患者の診療と入院担当患者のフォーローアップにあたる。
 3.内科救急外来
内科救急外来 数単位/週 初期研修医とともに診療にあたる。
 4.検査
ローテーションの分野によらず、希望により上部消化管内視鏡、腹部エコー、心エコーの研修を継続して行える。
 5.カンファレンス
新患カンファレンス(多職種合同)、症例検討(週1回)、各ローテーションでのカンファレンス、外来患者/救急患者の振り返りカンファレンス(週1回)等を行う。
【評価】
  「ポートフォリオ」による自己評価、多職種からの多面的な評価を行う。
【研修後の進路】
 1 当院の内科に残る場合には、研修プログラムとして、総合内科専門医コース、呼吸器専門医コース(整備中)がある。
 2 他の医療機関で研修
【週間スケジュール例】
呼吸器内科を選択した場合
 
当日の患者の状態や検査予定について指導医と研修医で確認
午前 病棟
合同回診(10時〜)
病棟
(兼救急外来)
内科外来; 研究日 病棟
(兼救急外来)
病棟
1週間の振り返り
(外来、救急)
午後 病棟新患カンファ
症例検討(16時〜)
内科ミーティング
病棟 病棟 研究日 気管支鏡
またはCTガイド下肺生検
 
夕方   胸部X線セレクション        
[備考]
  ・研究日を1日取ることが可能です。
  ・土曜は月に一度休めます。

(2)総合内科専門医取得コース
【研修目標】
 1 日本内科学会総合内科専門医の取得をめざす。
 2 必要に応じて専門医に相談しながら、総合内科医として内科系疾患の基本的なマネージメントを行う。
 3 臨床推論を身につける。
 4 EBMの実践。
 5 チーム医療のリーダーとしての姿勢を修得する。
 6 初期研修医の指導にあたる。
 7 自己研鑽する姿勢、プロフェッショナリズムを修得する。
 8 さまざまな内科疾患を経験し、知識・技術を深め、幅広い臨床力を修得する。
 9 興味ある症例や臨床研究の学会発表。
【研修期間】
  認定内科医資格取得後 3年
【方略】
 1.病棟業務
総合内科に所属。希望に応じて内科の各専門分野(呼吸器、腎臓、内分泌)のローテーションは可能。
 2.内科一般外来業務
一般内科外来での新患・再来患者を担当し、基本的な外来診療能力を修得する。
 3.内科救急外来
内科救急外来 数単位/週を行う。
 4.カンファレンス
新患カンファレンス(多職種合同)、症例検討(週1回)、総合内科カンファレンスを行う。
【評価】
  「ポートフォリオ」による自己評価、多職種からの多面的な評価を行う。
【その他】
  片品診療所で3〜6か月程度の外来研修を行う。希望があれば往診研修も可能
  希望者には小児科、皮膚科、外科、整形外科など他科での研修も可能
  希望があれば1年程度の院外研修も可能


研修プログラムの構成
 当院の内科後期研修プログラムは、卒後3、4年目で認定内科医取得を目指す認定内科医取得コースがあり、認定内科医取得後も当院の内科に残る場合には、総合内科専門医の取得を目指す総合内科専門医取得コースまたは、呼吸器専門医取得を目指す呼吸器専門医取得コース(整備中)で研修をすることができる構造になっている。

内科後期研修プログラム