来院される皆さんへ
診療科のご案内
人間ドック・健康診断
医療活動ご紹介
総合支援センター
相談支援室
医学生実習
初期研修医募集
後期研修医募集
看護部のご案内
技術部門のご案内
健康情報

健やかな皮膚を保つために〜ドライスキンと予防〜

平成29年11月1日

利根中央病院 皮膚・排泄ケア認定看護師

松本 厚子

 乾燥する季節になりました。日頃のお肌のケアはどのようにしていますか?

 健やかな皮膚を保つために基本的なスキンケアについてお話をしたいと思います。

皮膚とは

 スキンケアについてお話をする前に皮膚について少し説明をしていきます。
 皮膚は人の体の中で最大の臓器とも言われ人間の体を包んで外界の刺激から保護しています。天然の宇宙服ともいえるでしょう。総面積は約1.6u(成人)畳1枚分位になります。

皮膚のバリア機能とは

 皮膚の生理機能の1つにバリア機能があります。
 このバリア機能は主に皮脂膜と角層の働きによって保たれています。体の内側と外側を区別して外から有害なものが入ってくるのを防ぐ機能、角質層の水分を保つ保湿機能、脂膜を弱酸性に保つ抗菌作用と皮膚を弱酸性へ戻す働きをする緩衝作用の3つの機能があります。

洗浄と保湿

 スキンケアの第一歩は洗浄から始まります。
 洗浄の役割は、皮膚についた汚れを落とすことです。
 汚れを落とすために、皆さんが普段使っている石けんについて汚れの落ちるメカニズムと特徴についてお話したいと思います。
 洗浄剤の主成分は界面活性剤です。界面活性剤はで水になじみやすい親水基と油となじみやすい疎水基からなっています。皮膚表面の汚れは、皮脂とほこりによる油性成分です。界面活性剤は汚れの表面を取り込み、汚れを引っ張り上げボールの様な状態にし、油を取り込んで汚れを引きはなします。そしてお湯で流すことにより皮膚表面から汚れを落します。これが洗浄のメカニズムです。
 洗浄のポイントは石けんをよく泡立てること、泡立てることで洗浄力がアップする他に泡切れも良くなります。
 次に洗浄剤ですが、市販されている石けんには色々な種類があります。一般的なJIS規格の石けんは弱アルカリ性で泡立ちが良く、洗浄力は強く、洗い上がりがさっぱりしているのが特徴です。
 そして人間の肌と同じ弱酸性の石けんは、なめらかですすぎ落ちに優れており脱脂力が低いことが特徴です。
 その他に薬用石けんやベビー石けんなどがあります。ベビー石けんは赤ちゃんに使用するので肌に優しいと思ってはいませんか?実は、皮脂や汗の成分が盛んな新生児用に作られた石けんでアルカリ刺激が強く高齢者に使用すると皮脂量や角質水分量が減少し皮膚の乾燥が進んでしまいます。
 高齢者や乾燥肌の人は弱酸性の石けんを使用すると良いでしょう。

洗浄方法

 石けんはよく泡立て泡の弾力で皮膚をやさしく洗うようにしましょう。
 ナイロンタオルなどでゴシゴシ擦るのはやめましょう。

保湿について

 皮膚が乾燥しかさかさしている状態をドライスキンといいます。皮膚がドライスキンとなるとバリア機能が壊れて角質層の隙間から微生物やアレルギーの元となるアレルゲンが入りやすい状態となり、皮膚障害を起こしやすくなります(図1)。

図1


 石けんで洗った後は、汚れだけでなく皮脂膜も除去してしまうので、特に洗浄力の強い石けんを使用した後や、入浴した後は肌が乾燥しやすくなります。乾燥を防ぐためには、入浴後5分以内に保湿剤を早くムラなく塗ることが大切です
 保湿剤の使用量の目安ですが、手のひら2枚分の広さに塗る場合、5g入りのチューブでは人差し指の先から第一関節まで伸ばした量、ローションタイプの場合は、1円玉大の量が適量とされています(図2)。

図2


 塗り方のポイントは、清潔な手に保湿剤をとり、1カ所ではなく皮膚の複数の箇所に点在させて付け、指先ではなく手のひら全体を使ってやさしく丁寧に、広く伸ばし皮膚のしわにそって塗りましょう。保湿剤を塗った後は、皮膚がしっとりする程度が良い状態です。
 保湿剤には、化粧水タイプ・ローション・乳液タイプ・クリームタイプなど種類があります。夏はさっぱりしたもの、冬はしっとりするものなど季節や使用感に合わせ選択すると良いでしょう。保湿剤は水分機能を高めてうるおいを保つセラミド入りのものをお勧めします。
 保湿剤を塗る回数は1日に何回塗っても大丈夫です。乾燥しているときはこまめに塗る習慣をつけましょう。
スキントラブルに関して、何かお悩みがあれば皮膚科へご相談してください。