来院される皆さんへ
診療科のご案内
人間ドック・健康診断
医療活動ご紹介
総合支援センター
相談支援室
医学生実習
初期研修医募集
後期研修医募集
看護部のご案内
技術部門のご案内
情報コーナー
手指衛生キャンペーン2016.2 取り組み報告

 医療関連感染(HAI)を予防するためには、標準予防策が重要です。標準予防策は、個人防護具・呼吸器衛生/

咳エチケット・患者ケアに使用した器材・環境管理など10項目で構成されています。その中でも「手指衛生」は感染対策の基本とされ、適切に行うことで医療関連感染を減少させることができるといわれています。しかし、医療現場において「手洗い・手指衛生」を適切な場面で適切に実施することが難しく、定期的な学習会や啓蒙活動が必要と

言われています。そこで当院でも定期的に手指衛生キャンペーンの取り組みを行い、手洗い・手指衛生の向上に努めてきました。昨年は新病院移転と大きなイベントがあり、感染対策上の環境面について大きく改善することができました。さらに感染対策の質の向上を目指し。2月の1か月間手指衛生キャンペーン期間と設定し活動を行いました。

 一つは、職員から手洗い・手指衛生ポスターを募集し、職員による投票で優秀作品を選択しました。17作品がエントリーされ、370名の職員が投票に参加し、外来看護部のポスターが選ばれました。また、院長賞・事務長賞・ICD賞・特別賞の各賞を選び、表彰式を行いました。

 もう一つは、病棟単位で手指衛生用アルコール製剤月間使用量を計測し、1位と2位の病棟についても表彰しました。患者様1人当たりの使用量として計算するとまだすくない状況ではありますが、今回の取り組みによって病院

全体で手指衛生の重要性を再認識でき、少しではありますがアルコール使用量の増加につながったと考えます。