来院される皆さんへ
診療科のご案内
人間ドック・健康診断
医療活動ご紹介
総合支援センター
相談支援室
医学生実習
初期研修医募集
後期研修医募集
看護部のご案内
技術部門のご案内
情報コーナー
第15回  医療講演&懇談会 開催報告
12月10日(土)「利根沼田地域の在宅医療」「地域包括ケア」「とね診療所移転」の医療講演&懇談会を開催しました。

 とね診療所の小林正人副所長による第15回医療講演&懇談会が12月10日に開催となりました。当日は組合員ら61人が参加し、『利根沼田地域の在宅医療』『地域包括ケアとは』『とね診療所移転』について知識を深めました。小林医師は「在宅医療の充実を目指し、地域に出る“出前医者”として頑張りたい。利根沼田を在宅医療のメッカに」と在宅医療の重要性、必要性を伝えました。

在宅医療は人口の高齢化が進む中、全国的にも必要に迫られていますが、当院のある沼田市は、在宅看取りが全国で3番目に少ないのが現状です。在宅医療の担い手不足や医師の高齢化、抱える医療圏が広く手が回らないなどの課題が重なり、在宅医療の普及が伸び悩んでいます。開設当初の約60年前は、利根沼田地域は医療過疎地域でしたが、今でも在宅医療の過疎地域であることは否めません。また、小林医師は地域が病院と一緒になって医療をつくっていくことの重要性についても触れ「住民の皆さんも自分たちの医療を自分たちで守るという視点で、患者さんと医者側がそれぞれお互いに思いやりを持ちながら一緒により良い医療をつくる意識を持つことも大切」と呼びかけました。

懇談会では、「医者不足はどうやったら解決できる?」などの質問が出され、地域の病院を地域が守る、そんな意識を組合員さんに共有できた講演&懇談会となりました。

   

   

   

第15回  医療講演&懇談会 開催のお知らせ

12月10日(土)「利根沼田地域の在宅医療」「地域包括ケア」「とね診療所移転」の医療講演&懇談会を開催します。

 利根沼田地域の在宅医療はどうなっているの?地域包括ケアってなに?とね診療所の移転計画はどこまで進んでる?普段から気にはなっているけど、ちゃんと話を聞いてみたい。そんな皆さまのご要望にお応えします。

どなたでも参加自由です。お誘いあわせの上、多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

 

日時 12月10日(土)14:00〜

会場 利根中央病院2階研修室

講師 とね診療所副所長 小林正人 医師