来院される皆さんへ
診療科のご案内
人間ドック・健康診断
医療活動ご紹介
総合支援センター
相談支援室
医学生実習
初期研修医募集
後期研修医募集
看護部のご案内
技術部門のご案内
技術部門のご案内
臨床検査室
採血・採尿室

外来患者様の採血を看護師と臨床検査技師が担当、採尿も行っています。また、入院患者様の採血管準備や各病棟への配布業務も行っています。

込み合う時間帯もあり、お待ちしていただく場合もありますが、安全で迅速な採血を心がけています。

採血・採尿した検体はただちに搬送機で2階検体検査室へ運ばれ、様々な検査が行われます。

検体検査室

◆生化学・免疫検査

生化学検査では血液中の蛋白、酵素、糖、脂質などの化学成分を自動分析装置で測定しています。40項目以    上を測定でき、患者様の病態を正確に把握することができます。免疫検査では免疫学的な反応を用いることでウイルス感染の有無、甲状腺ホルモン、腫瘍マーカーなどの検査を行っています。

新病院になり、自動分析装置も2台となり、またその他も機種も新たに更新したものが多く、増えつつある検体数をスムーズにこなし、多種多様な検査にも対応し、迅速で正確な検査結果を診療側(患者様)へ提供しています。

 また、分析装置の状態(正確な結果がでているか)を見るうえで精度管理はかかせません。毎朝実施することで正確な検査データの提供に努めています 。  

 

◆血液・一般検査

貧血や炎症の程度や出血傾向の判断や血液・造血器疾患を判断するための検査を行っています。

自動血球分析装置を用いて血液中の細胞(赤血球・白血球・血小板)などの数を測定し、同時に白血球の種類を   分類しています。また、血液凝固測定装置にて抗凝固療法(ワーファリンなどの服用)の経過観察や手術、検査前の状態の確認や肝機能を調べます。更に、インフルエンザを始めRSやアデノなどの各種ウイルス感染検査も実施  しています。

乳幼児対象の耳朶採血では、微量な血液量で貧血検査や炎症の程度が迅速に測定でき、患者様や小児科の先生にも好評です。

 

◆尿検査

尿中に含まれる、たんぱく質・ぶどう糖・血液・代謝物などを、試験紙を使って調べます。更に、有形成分である赤血球、白血球や上皮細胞などの数や形態も自動分析機を利用して調べます。また、便に血液が含まれていないかなど、胃・腸の検査や糖尿病の経過観察にも利用されています。いずれも患者様への侵襲がないため繰り返し実施でき有用な検査です。

更に、尿中塩分や肺炎球菌・レジオネラ・ノロウイルスなどの感染症検査も尿や便を使用して実施しています。

 

◆輸血検査

血液型検査・不規則抗体検査・交差適合試験・直接及び間接クームス試験など実施しています。

コンピューターを用いて血液製剤(A型・B型・AB型・O型)の管理を行い、安全かつ適正な輸血の実現に努めています。また、院内に輸血療法委員会があり、その事務局長を担当し隔月で開催され、毎月の輸血の実施率や副作用状況などについて検討しています。

 

細菌検査室

原因となっている「病原菌」を体の中から見つけ出し、効果的な薬があるかどうかを調べます。

尿・便・血液・喀痰・膿など、何でも検体となります。

1)顕微鏡検査: 検体をスライドガラスに塗り、染色して顕微鏡で調べます。

2)培養検査: 検体を培地(細菌が育ちやすい環境にした寒天)に塗り広げ、一晩かけて、目で見えるコロニーという菌のかたまりを育てます。

3)同定: 菌のかたまり(コロニー)について、様々な性状検査を実施し、どんな名前の細菌か突き止めます。

4)薬剤感受性検査:その細菌に効果のある薬を調べます。

【院内感染対策チームとの連携】

病院内感染対策チームと連携し、薬の効きにくい耐性菌や届け出の必要な特定細菌の情報を共有し、院内感染の拡大防止のために活動しています。

生理検査室

直接患者様に協力していただき実施する検査です。

◆心電図

脈の乱れ、胸の痛み、動悸、呼吸困難、手術前検査、ペースメーカーチェックなどの診断を行う検査です。

◆ホルター心電図

動悸の原因や失神、めまいの訴え、胸痛、除脈、治療効果の判定などの評価を行い、24時間の心電図を記録します。患者様には特に制限はなく、通常の日常生活を行っていただきます。

◆聴力検査

人間の耳にもっとも聞こえやすい7種類の周波数の純音を中心に、聞こえる最小限の音を測定します。

◆肺機能検査

肺の大きさや肺の動きを調べる検査です。代表的な検査に、肺活量測定があります。

◆脳波検査

頭の上に多くの電極を付けて、そこから出てくる脳波を記録します。

◆超音波検査: 心臓・上腹部・甲状腺・乳腺・血管・表在など

臓器の機能・大きさ・腫瘍の有無などを調べる検査です。人の聞こえないほどの周波数の高い音を発信させて 跳ね返ってきた信号を画像として表示します。人体の影響は全くありませんので繰り返し検査が可能です。

◆睡眠時無呼吸検査 PSG

寝ている間の呼吸状態を詳しく調べる検査です。各睡眠段階における無呼吸の回数や時間、無呼吸パターンの分類、睡眠障害の程度、酸素飽和度の変化などを詳しく分析する検査です。一泊入院が必要です。

◆血圧脈波検査 (ABI)

検査で得られた波形から血管の硬さと狭窄を知ることができる検査です。

◆血管内皮機能検査

非閉塞性冠動脈疾患、冠動脈狭心症、脳梗塞、動脈硬化等の生活習慣病のリスクを発見する検査です。

 

病理検査室

病理検査室では、主に病理組織検査、細胞診検査、病理解剖などの業務を行っており、組織や細胞を顕微鏡で観察し、診断の確定や治療効果の判定がなされています。

◆病理組織検査

内視鏡検査などで、胃や大腸から採取した組織の一部や手術で摘出した臓器から作製した組織標本を病理医が顕微鏡で観察し診断します。悪性腫瘍や炎症像などの病理学的判断を行うのが病理組織検査です。

◆術中迅速検査

手術中に病変部が悪性かの診断、病変部が取り切れているか、切除断端の確認、また、リンパ節に転移がないかの確認をするために行う検査です。この結果により、追加切除や術式が決定されます。

検体が提出されてから結果報告までにかかる時間は20〜30分程度です。

◆細胞診検査

婦人科で採取した検体、尿・喀痰などに剥がれ落ちた細胞、癌などの病変部から直接採取した細胞を観察するのが細胞診検査です。細胞検査士の資格を有する技師が、標本中の癌細胞や異常な細胞を見つけ、細胞診専門医の資格を持つ病理医とともに、最終判定を行います。

◆病理解剖

不幸にして亡くなられた患者様のご家族の承諾が得られた場合に病理解剖を行います。全身について系統的に検索することにより、病気の本態を明らかにして、死因・合併症・治療効果などについて検討します。また、解剖の症例については、臨床病理学的検討会(CPC)を開催し、研修医やその他医療スタッフの教育にも重要な役割を担っています。