来院される皆さんへ
診療科のご案内
人間ドック・健康診断
医療活動ご紹介
総合支援センター
相談支援室
医学生実習
初期研修医募集
後期研修医募集
看護部のご案内
技術部門のご案内
医学生の皆さんへ
実習レポート <医学生実習>
当院では、病院・在宅総合センター(老健施設、在宅サービス)、診療所が連携し、実習生の要望を最大限取り入れて実習カリキュラムの作成を行っています。
スケジュールの例として、下記のレポートをご覧ください。
また、ご不明な点は「病院実習のお誘い」のページよりお問い合わせください。
実習レポート【5・6年生】
群馬大学 6年生 学外選択実習(総合診療科)

 


カルテの書き方講座

内科カンファ

  

総合診療科 6年 全体の感想

自分で実際に手を動かしたり鑑別を考えて問診を取ったりすると、見学している時とは異なり、症例ではなく一人の人間として患者さんと関われた。救急外来を経験している際には、急性心筋梗塞や脳梗塞、くも膜下出血など、重篤かつcommonな疾患に出会えた。自ら所見をとったり検査結果を解釈したりすることがとても印象に残り、主訴や周辺症状の聴取からいかに重篤な疾患を想起し、検査を迅速に行うかがとても重要だと実感した。カルテの書き方や救急レクチャーなどの講習は実習中でもすぐに活用できるので大変勉強になった。また片品・とね診療所や班会に参加した際は地域の患者さんと直接触れ合い、その土地の雰囲気や現在の医療状態など大学ではできない貴重な体験ができた。利根中央病院は利根地域の人たちと病院が支えあって利根沼田の地域医療が成り立っていることが肌身で感じられた。

 

実習一週目

自分で診察をすると話が偏りがちになるが、患者さんの普段の生活や仕事に話を広げると、話の中に治療や診断のヒントが得られやすいことを指導医の診察の様子から学んだ。訪問診療では高齢化が進む中、需要が高いであろう分野の雰囲気を感じ、また聴診器を用いた血圧測定の練習もできて勉強になった。

 

実習二週目
内科カンファの病歴要約発表では、他科の医師から質問していただき自分の気付いていないことに目を向けるきっかけになった。片品診療所は大きい病院とは異なり場所に応じた様々な医療の在り方を見ることができた。急患対応では初めてルート確保をしたり初診外来の問診をとったりなど様々な経験ができた。

 

実習三週目
救急搬送された方のご家族へのICを見学し、非常に厳しい状況の中でご家族の気持ちを尊重しつつ、医学的な観点から話すことの難しさを肌で感じた。救急レクチャーでは基本的なことを当たり前に行うことの重要性を感じ、学生のうちから基礎をきちんと身に着けて取り組んでいく必要があると思った。

 

実習四週目
診察やカルテ記載、発表準備などをゆっくり行うことができた。多くの見学や手技は大切だが時には落ち着いて勉強する時間があることもよいと思った。
症状カンファでは意識障害と失神の鑑別や疑った時の精査などが話題だった。自分の知らない症例もあり、いくつかの症例を見比べること、どうして鑑別が必要なのか、何故その検査が必要なのか−など、実感を伴って学べた。最後に利根中央病院の初期研修についての紹介もあり、改めて研修病院として大変魅力的だと思った。

 

↑ページトップへ
群馬大学 6年生 学外選択実習(腎臓内科)

  

腎臓内科 6年 全体の感想

利根中央病院での腎臓内科の実習は、想定よりもはるか深い腎臓内科という分野に日々驚きながらの実習であった。腎臓内科の実習の中でも特に印象深いのは透析についてだ。大雑把なイメージしかなかった透析について、指導医からDWや血圧の変動のこと、リンやカルシウムなど電解質の事を聞き、透析という分野の奥深さを感じた。特に透析回診での血液検査の結果を見た際には、同じようにリンの値が高い人でも、全体の経過としてどうなのか照らし合わせ、その結果によって対応が変わることを知り、日々のDWも血圧の変動、症状の訴えなどで適時調節しており、透析が緻密なコントロールの上、行われていることがよく分かった。看護師・臨床工学士の指導の下、透析回路の組み立てやその理論、透析開始時の終了の処置について学ぶことができた。同じように見える透析装置でも、ダイアライザーの種類や血流速度などによって透析の効率が変わることを学び、ここでも透析分野の奥深さを感じた。透析装置で特に印象に残ったのは透析液のことである。施設内で透析液が調整されていることも初めて知ったが、その基となっている水によってエリスロポエチン製剤の量が変わりうるのは興味深かった。また腎臓内科以外の当直や救急外来の対応など利根中央病院では様々なことが経験できた。自分が何かの医師になるかはまだ迷っているが、今回の実習で腎臓内科の奥深さと楽しさを感じることができた。

  

実習一週目

カルテの書き方講座では今まで意識してこなかった自分の問題点を見つけることができた。腎生検のやり方、組織標本の見方、腎臓内科の手技を初めて見学することができ、自分の中のイメージが大きく変わった。また透析の管理において重要なDWの概念などを初めて知った。透析がどのような管理体制や機械によって行われているかを深く知ることができた。看護師の方々、臨床工学士の方々の目線から学ぶことができ、非常に面白かった。実際に血液回路を組み立てたが、手順が複雑で自分一人で行うには多くの経験が必要だと感じた。

   

実習二週目

カップラーメンなどの食物にリンが多く入っていることを知り、日常で自分が普通に食べているものや、当たり前に行っていることが透析患者さんにとっては大きな問題になることがよく分かった。シャントPTAを初めて見学することができ、腎臓内科の仕事の幅広さを学んだ。動脈と違い静脈の走行は多様であり、どの部分が狭窄なのか、どういう風に流れているのかを理解するのが難しかった。前日にシャントPTAを見てきたが、同じカテーテルでも手技や、器具などの様々な違いがあることを学んだ。3,4回ほど自分一人で透析回路の組み立てや、血液の回収などを行ったが、まだまだ手順が頭に入っておらず、十分な組み立てができなかった。しかし組み立てなどを通してその仕組みなどを理解できたので知識の面では十分な学習ができたと思う。

   

実習三週目

当直で救急外来の問診や診察、カルテ記載などを行った。自分の中で鑑別を意識しながら問診を行った。情報の聞き方やカルテ記載の仕方など不十分なことも多かったが、医師から受けた多くの指導を今後に生かしたい。ECGの定期フォローなど、透析での経過観察の重要性を学んだ。同じ異常値でも、それぞれの患者さんの普段の数値や症状がどうであるかによって、その解釈が異なり、経過を理解することの重要性を学んだ。静脈の走行が多様であることは先週も感じたが、それに対応して、カテの穿刺部の選択などの対応が必要になることを学んだ。阿部Drの救急講座で年齢や性別が重要だと学び、疾患の好発年齢や疫学などは、地域密着型医療において重要であると感じ、今までの病院では見たことのなかった実習なので、とても新鮮であった。

   

実習四週目

内科カンファで病歴要約発表を行った。シャント造影ではDA,DSAの特徴やその利用方法を学ぶことができ、X線透視の理解が深まった。今回の実習では透析についてかなり詳しく知ることができた。指導医たちに忙しい中でも様々なことを指導していただき非常にありがたく、そのおかげで腎臓内科と透析という分野に興味を持った。今後も看護師・臨床工学士の皆様への感謝を忘れることなく医療に携わっていきたい。

↑ページトップへ
群馬大学 6年生 学外選択実習(整形外科)

 


救急レクチャー

班  会

  

整形外科 6年 全体の感想

外来の人数、オペの件数が大学病院などと比べてとても多く、若手医師でもオペに参加する機会が多々あるので利根中央病院ではオペの技術をたくさん身に着けられると感じた。全病棟全科という特徴が利根中央病院の明るい雰囲気にもつながっていると思い、多くの科がある分、各医師と看護師のコミュニケーションも密にとられていて、医師とコメディカルの方々の関係が良好な病院だという印象を受けた。

二週目ぐらいになると外来も少し慣れてきた。骨折のオペも大腿・脛骨・腕とさまざまな部位を見ることができた。入院患者さんが多く、1つの病棟では収まらないので整形外科と関わるコメディカルの方も多く、そういった方たちとの連携がとても大事だと感じた。術野に入った際は先週よりも手技が上達したと思う。また骨折のけん引の際は教科書では簡単に書いてあることも実際に行ってみると苦戦する点があり、実技を行うことの重要性も学ぶことができた。

↑ページトップへ

群馬大学 6年生 学外選択実習(産婦人科)


産婦人科 6年 全体の感想

利根中では多くの事を体験させてもらえた一か月でとても充実しており満足できる実習になった。疑問に思ったことをすぐに聞ける環境や、積極的に様々なことを経験させてもらえる環境も居心地が良かった。スタッフの方々もいつも明るく、分からないことも優しく対応していただけて病院全体の実習しやすい環境だと思った。スタッフの多くが沼田出身ということもあり、病院で働くことを通して地元を活性化させたいという気持ちを感じ、地域に根差した病院の在り方を知ることができた。産婦人科メインの実習ではあったが、他科の急患対応を見学することもでき、自由に色々な学びの場を回ることができた。来年自分が研修医になったらどんな風に働いているか少しだけイメージすることができた。たくさんの方々にお世話になってとても感謝しており、長いようで短く、とても濃い一カ月間だった。

↑ページトップへ

群馬大学 5年生 公衆衛生学 地域保健実習

 

地域保健実習 5年 全体の感想

病院と地域がどのように関わっているのかを学んだ。総合診療科は診断がつかない患者さんや、どの科で診察するべきか悩んでいる患者さんなどをはじめとする様々な患者さんを見ることができた。救急で来た患者さんもまずは総合診療科で診察するということを知り、とても大事な科である思った。患者さんの希望に合った最善の治療を行う医師の姿勢を考えさせられた。大学病院と違い、一人一人の患者さんを丁寧に診察しているところは、総診に限らず市中病院の良いところだと感じた。訪問看護の往診では直接患者さんの自宅へ行き、その人がどのような生活をしているのかを実際に見ることができた。患者さんの実際の生活を知り、介護や往診を行う医療や福祉の在り方は多くの患者さんにとって、とても心強いことだと改めて実感した。また自宅での診察や普段の生活を患者さんがさらけ出すのは、医療者側と利用者の間に信頼関係がある証拠だと思い、医師たちの会話をよく観察し、その様子を間近で学べた。片品診療所では医師が患者さんに慕われ、尊敬されているのだと感じた。利根中央病院からは少し離れており、ご年配の方が多いため、そこで暮らす方々にとって必要不可欠な診療所であることを感じた。

  

【1日目】

患者さんの問診を行うのはとても緊張したが、指導医の診察を見学し、患者さんに見合った話し方や話す内容を変えているという点に気付き、自分が行う際にも一人一人の患者さんに合わせた診察を行うようにしていきたい。総合診療科は診察の窓口にもなっているので、様々な疾患の患者さんに対応した幅広い知識が必要だと感じた。

  

【2日目】

症例カンファでは実際の症例から色々なことを学んだ。失神の鑑別など学校の座学ではあまり教わらないことを学べて、一つの症例に対して多角的に考える力、幅広い知識が必要だと思った。回診では患者さんの要望を聞いたり体の具合を聞いたりと、一人一人の話をしっかり聞き、治療の方針を立てている様子が見学できた。

  

【3日目】

訪問看護、往診では実際の患者さんの自宅に行くので、その人の普段の生活や、どのような場所に住んでいるのか―、など一人一人の生活環境を見ることができた。一人一人の家に足を運ぶことは大変ではあるが、動けない患者さんや自分で病院に行くことが困難な患者さんにとってはとてもありがたいことなのだろうと感じた。まちかど健康チェックでは地域の方々の血圧と体組成を測り、健康状態をチェックした。気さくな方が多く楽しく行えた。

  

【4日目】

初診外来では2人の患者さんの問診を行った。患者さんによっては反応も異なるので、何を訴えているのかを考えながら必要なことを頭で整理して問診する大変さも痛感した。指導医のように雑談も入れて患者さんの緊張をほぐしながら、疾患を推測し様々な情報をたくさん引き出せるようになりたいと思った。

  

【5日目】

片品診療所では医師が一人一人の患者さんに丁寧に診察していた。患者さんと先生との間に信頼関係があることも会話から感じられた。腹部も聴診させていただき、診療所と大きな病院の診察の違いを感じた。

↑ページトップへ


実習レポート【1〜4年生】
群馬大学 4年生 外科実習

【1日目】

看護師さんや薬剤師さんと病棟を回り、チーム医療の現場を実際に見ることができました。手術見学では、初めて鼡径ヘルニア手術の腹腔鏡手術を見ましたが、画面で確認しながら手を動かすのはとても大変そうでした。胃ろうの開腹手術では、見学だけではなくステープラーやカメラを持たせていただいたり、胃に触らせていただいたりと、とても勉強になりました。

【2日目】

ヘルニアの手術見学では、1日目と違った手術方法を用いており、ヘルニアにも色々なアプローチがあると分かりました。胆嚢炎の手術も見学し、解剖以外で腹部臓器を見られる機会があまりないので、術野で見学したことや、ハサミを使わせてもらえたことは、貴重な体験となりました。

【3日目】

膿胸に対して処置や、患者さんへの病状説明や末期ガン患者さんへの接し方、標準予防策のことなどを教えていただきました。

血ガス採取後の静脈圧迫をしましたが、作業中無言になってしまい、患者さんから色々と話題を振っていただき申し訳ない気持ちになった。実習生といっても患者さん側からすれば医療者になるので、気を使わせてしまったのは良くなかったと思いました。

虫垂炎手術と幼児の舌縫合手術も見学させていただきました。

舌縫合手術が終わった際に、先生がご家族の方へ手術成功した旨を伝える姿がとても印象的でした。

↑ページトップへ
群馬大学 3年生 地域医療体験セミナー

【片品診療所】
 90歳前後で独居の方のお宅を訪問したが、年齢の割にみなさんお元気で驚いた。ケアマネの方が用意したカレンダーにデイサービスや配食、受診の予定が記入されていて、いろいろなサポートを受けながら、多少不便でも慣れ親しんだ土地で暮らしていると実感した。 外来は高齢者だけでなく、若い方もいて意外だった。山間部でも、産業・仕事がある地域の特徴だと感じた。臨床のことはまだ分からなかったが、それ以外の部分で勉強になることが多かった。

【ホームヘルパー同行】
 ただ利用者さんの身の回りのお世話をするだけでなく、コミュニケーションの中から利用者さんの日常生活の様子や近況を把握することが大事だと感じた。また自治体が発行している「ほほえみノート」を使い、他のサービス提供者と情報の共有をするシステムは合理的だと感じた。

【班会】
 水銀の血圧計を使い、測定をさせてもらった。難しかった。近所の方々が集まり、健康について知識を学びながら交流もするという活動が、様々な地域で様々な形で開催されていて素晴らしいと思った。

【当直見学】
 患者さんが少なくて残念だったが、たまたま授業で聞いたことのある疾患の患者さんが来て、なんとなく疾患のイメージが掴めた気がした。また研修医のための“半当直制度”は、負担を軽減しつつ効率的に研修を行うのにいい制度だと思った。

【医局BBQ】
 多くの医師・職員の方とお話ができ、珍しいものもご馳走になり、楽しかった。「利根で研修したり働いたりするのが楽しい」というご意見が聞けて、とても興味がわいた。また生協の病院として、組合員さんのあたたかさに支えられていることも実感した。

↑ページトップへ

群馬大学 2年生 地域医療体験セミナー

【生協の説明】
医療生協による病院運営の存在を初めて知った。組合員の要望に応えて通院支援を実施したり、自主的な健康増進活動(班会)を支援したりと、地域住民に密着した医療組織であると強く感じた。医師・医療が不足している地域では、人との繋がりを大事にしていくことが大切であると感じた。

【班会】
高齢な方の参加が多かったが、みなさんが楽しそうに過ごしている様子が印象的だった。個人が自力で生活習慣を変えることは難しいが、近所の方々と交流しながら健康について意識していくのは、成功しやすく病気を未然に防ぐ効果が高いと思った。また血圧を測りながら、地域の方々がどんな暮らしをしているのか伺えて、貴重な時間になった。

 


班会参加


【当直対応見学】
短時間だったが、電子カルテや診察の様子を見せて頂いた。この日は想像していたほど慌ただしい様子ではなかったが、緊張感と疲労感の漂う現場だった。また、検査の終わった患者さんの移送を手伝わせてもらった。


患者移送


【片品診療所】
診療所は、アットホームで穏やかな雰囲気だった。丁寧な診察の中で、患者さんの話からどんな検査が必要で、どの薬を出すか迅速に判断していて凄いと思った。学校で学んだ知識が現場で当たり前に使われている様子を見て、もっと勉強しなければと身が引き締まった。
訪問看護では、認知症で糖尿病の既往がある方のお宅へ伺った。高齢者医療において、服薬管理が大きな問題であることを感じた。先生が用意した、服薬の時間を知らせる音声メッセージ入りの目覚まし時計が印象的だった。
往診の利用者は思ったよりも少なく、患者さんが診療所まで来られる環境にあるのかなと感じたが、今後さらに高齢化が進むなかで、在宅医療・訪問診療の役割が大きくなるのではないかと感じた。


往診同行
↑ページトップへ

群馬大学 1年生 地域医療体験セミナー

【片品診療所】
前橋市内の病院とは違い、患者数は少なく、それだけ一人の患者さんにかけられる時間が長い印象を受けた。ただ、患者数が少ないとは言え、地元のかかりつけの方から尾瀬などに観光で訪れた方まで様々な患者さんや疾患が集まるので、診療所の役割としては非常に大きなものを抱えていると感じた。
往診や訪問看護では、限られた時間の中で必要な業務と患者さんとのコミュニケーションの両方をしっかりとされていて、すごいと思った。

【根利地区の見学】
根利は1日にバスが6本しか来ない、とてつもない田舎だった。「限界集落」の状況を生で見ることができ、そこに住む人々の大変さがひしひしと伝わってきた。その一方で、『住み慣れた場所を離れたくない』という意見もあり、便利な生活が必ずしも満足度の高い生活ではないということを知ることができた。


バス停(あまりのバスの少なさに、肩を落とす)

 

【ホームヘルパーへの同行】
利用者さんがとても気さくな方で、畑で捕まえたカブトムシの話や甲子園の話題で盛り上がった。また見学だけでなく、家の掃除などやれる事を手伝わせて頂き、良い経験ができた。今回の実習を通して、ヘルパー、訪問看護、往診の役割の違いをつかむことができた。


ホームヘルパー同行

利用者さんとの懇談
↑ページトップへ
島根大学 3年生 総合診療科実習


【1日目】

総合診療科病棟の回診では、感染症の患者さんが多く、これから学校でやる微生物学をしっかり勉強しようと思った。通院支援に同行させてもらったが、往診とは違い通院のための送迎サービスは初めてで、公共交通機関がほとんど使えない場所も多く、中にはかなり遠方まで送迎がされていて驚いた。自力での通院が難しい患者さんは多いだろうし、往診だと診察できる患者さんの数はより限定されると思うので、通院支援は本当に画期的なサービスだと感じた。

内科カンファレンスでは、基礎知識だけで‘なるほど’と思える部分もあり、座学の勉強と臨床とのつながりが見えた気がして良かった。

【2日目】

救急外来は、熱中症疑い、大腿骨骨折疑い、腹痛、腰痛のほか、小児では発熱、嘔吐、さらにハチ刺されなどの患者さんが来た。中でも大変そうだったのは、心窩部痛を訴えて救急搬送されてきた40代男性の方。腸捻転や腸閉塞を疑い、CTを行ったところ、石が見つかり総胆管結石として入院となったが、直接ビリルビンの値が高くないことや、石のある右腹部と痛む左腹部という相違などから、痛みの要因はいまいち分からないということだった。不明熱の患者さんなどもいることを知り、診断の難しさを体感した。

ヘルパー同行では、寝たきりの方のお宅へ訪問し、食事や排せつ、お話し相手をさせていただく中で、ヘルパーさんは利用者さんにとって非常に近い存在だと実感した。

【3日目】

外来の見学では、高血圧、発達障害、認知症や精神症状など、総合診療科がとても幅広い病気を診ていることに驚いた。1人あたりの診察時間は短いものの、生活、職業、家族のことなどを書き留めておき、次の診察時に話題を振ってコミュニケーションを図り、信頼関係を築く工夫をしていた。短時間で患者さんとの信頼関係をどう強めていくのかずっと疑問に思っていたので、実際にそのやり方を見ることができた気がして良かった。

班会では、病院と地域住民との結びつきだけでなく、地域住民が集う機会をつくること自体が、高齢者の孤立化防止につながると思った。

【4日目】

CT読影会は、いろいろと教えてもらい勉強になった。まだ学校でCTをちゃんと習っていないが、今後、勉強するときの参考にしたいと思う。救急外来では、ウォークインで来院した第3度熱傷の患者さんへの対応が、これまで見たことのないものだった。ショック状態で転院搬送することになったが、現場の緊張感、耳鼻科、皮膚科といった他科との連携、さらに転院搬送までの一連の流れを見ることができてよい経験になった。

救急レクチャーは、酸塩基平衡についてだった。最近生理学でその範囲を勉強したばかりだったため、どう臨床に結びつくか、重要なポイントは何か知ることができ大変参考になった。

【5日目】

診療所の外来見学では、大人も子どもも診る医療に触れることができた。一人ひとりにかける診療時間が病院と比べ長く、頭痛で来院された患者さんが最近の血圧状況や熱中症の心配をしていると医師に相談した際、血圧の説明も含め、頭痛についてかなり丁寧に説明されており、患者さん側からしたらすごく安心する診察時間だろうなと感じた。診療所内の設備も見学させてもらい、診療所は検査機器があまりないイメージだったが、心電図やレントゲン、エコーなど色々な検査機器が配置されているのを見て少し驚いた。